ディスプレイイメージ

4K UHD(3,840×2,160ドット)解像度に対応した55型液晶ディスプレイ「LCD-M4K552XDB」をアイ・オー・データ機器が4月中旬に発売する。主流のフルHDに比べ、4倍の表示エリアで高精細な表示が可能。

インターフェイスも多めで、HDMポートは3つあり、1つは4K/60Hz、HDCP2.2対応。DisplayPort、アナログRGBなども備える。HDR(ハイダイナミックレンジ)信号入力にも対応する。

ADSパネルを採用し視野角は上下左右178度の広め。応答速度は8msだtオーバードライブで5msまで上がる。コントラストは1200:1。スピーカーは6W+6W。

SD(720×480ドット)映像などの解像感を高める「超解像技術」、映像にめりはりをつける「エンハンストカラー機能」も採用。ゲームやWebサイトなど表示内容に応じてあらかじめ用意した設定を適用する「画面モード」、映像を自動で判別し、最適な明るさにする「CREX」、画面のちらつきを減らす「フリッカーレス設計」なども特徴。直販価格は12万7,440円(税込)。