ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」

LunaR(ルナ)」は、米国サンフランシスコのLunaRが開発したソーラーパネル搭載スマートウォッチ。そのLunaRが「LunaR(ルナ)」の日本での販売を目指し、クラウドファンディングサイトKibidangoでのプロジェクトを開始した。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」
ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR」
Kibidangoに登場

最大の特徴は、透明ソーラーパネルを搭載していること。このパネルは晴れている日であれば、1時間で1日の作動に十分な電力を発電できる。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」

スマートウォッチはバッテリーの消費が激しいものが多く、常に充電用のスタンドをカバンに入れて持ち歩いている人も。だが「LunaR(ルナ)」であれば、もうケーブルやスタンドは要らない。必要なのは、太陽だけだ。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」
空に太陽がある限り

スマートウォッチの使い方として最も多いのは、スマートフォンへの着信やSNSへの新着メッセージなどの通知。「LunaR」はこれらをベゼルに取り付けられたLEDで表示する。どのSNSからの通知なのかは、LEDの発光色で確認可能だ。SNSの種類とLEDの発光色の組み合わせは、「LunaR」専用アプリで設定できる。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」
FacebookメッセンジャーとTwitterへの着信は取り違えやすそう?

その他、「歩数、消費カロリー、移動距離の記録」「日の出・日の入り時刻表示」「デュアルタイムゾーン表示」などの機能を搭載している。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」
消費カロリーなどの表示にはスマートフォンを使用

Kibidangoでの入手方法や支援価格については、KibidangoのWebサイト内のプロジェクトページ「【光で自然と充電するスマートウォッチ】LunaR ルナ 電池交換不要・充電不要」を参照されたい。なお、商品の配送は2018年7月以降、プロジェクト終了後の一般販売価格は2万9,800円となる予定。

ソーラーパネルを搭載したスマートウォッチ「LunaR(ルナ)」-