サンワサプライのイメージ

300枚までの用紙を入れて自動細断できるオートシートフィーダー電動シュレッダー「400-PSD038」をサンワサプライが販売する。

書類を給紙トレイに入れ、スタートボタンを押すと動作する。A4コピー用紙なら300枚までまとめて投入可能で、効率がよいとする。

細断を始めると給紙トレイをロックできる機能付きで、トレイののぞき見による機密漏洩(ろうえい)などを防げる。

ただし手ざし投入口も備え、そちらはA4用紙を最大12枚まで同時に細断できるほか、CD/DVDの細断にも対応する。4×38mmクロスカット細断を採用し、触れるだけで操作できるタッチスクリーン式のコントロールパネルを採用する。

11号針までのホッチキスや28mmまでのクリップも付けたまま細断可能。ダストボックス容量は、大容量約68リットルで、ダストボックスが一杯になると警告ランプで知らせる。運転音が気にならない静音設計。紙が詰まった際は逆回転ボタンでカッターを逆に回し紙を取り除ける。

また手ざし細断で規定枚数以上の紙を入れてしまった際、自動でカッターが逆回転して紙を戻すオートリバース機能もある。これに加え45分間以上の連続運転時や、用紙が詰まりカッターの回転が止まった際などに、オーバーヒートプロテクション機能でモーターが停止する。

サイズは、約390×580×815mmで、重量は約32kg。販売価格は8万6,852円(税別)。