ヘッドホンのイメージ
「MDR-1AM2」とウォークマン「NW-ZX300」との利用イメージ

100kHzまでの広帯域再生とハイレゾ音源に対応したステレオヘッドホン「MDR-1AM2」を3月10日に発売する。

新開発の40mmHDドライバーユニットを採用。空気の伝搬を阻害しないフィボナッチパターングリルとドーム部の形状を改良した振動板を組み合わせて、鮮明でのびやかな音を出せるようにした。さらに付属のバランス標準プラグ採用のヘッドホンケーブルで、直径4.4mmバランス接続も行える。

従来モデルに比べハウジングの直径を約7mm縮小し、約59mmに小型化。ヘッドバンドの構造を見直して27.5mm幅にスリム化し、重さも約38g減らして約187gになった。

イヤーパッドの形状や素材も改良。表面には、吸放湿性に優れた合成皮革を採用して、蒸れにくくしている。加えて、内部の素材に低反撥ウレタンフォームを使って縫い目が頭に触れない縫製にし、遮音性と着け心地の両立を図っている。

オープン価格だが店頭実勢は3万円前後(税別)となる見通し。