テンキーのイメージ

任意のキーや複数キー同時押しが割り付けできるプログラマブルテンキー「NT-19UH2BKN」をサンワサプライが販売している。

専用アプリケーションで109日本語キーボードにある任意のキーを割り付けることができるプログラマブルテンキー。割り付けたキーはテンキー側の内蔵メモリーに記録するため、ドライバーをインストールしていないPCでも同じ割り付けが使える。またキートップの透明カバーは取り外せる仕組みになっていて、割り付けた機能の覚え書きとしてシールや紙などを挟める。

「テンキーモード」「割り付けモード」「NumLock解除モード」の3種類を切り替えられる。テンキーモードでは通常の数字入力が可能になり、上部4つの割り付け専用キーにのみキー割り付ける。割り付けモードではEnterキーを除きすべてにキーボードの機能を割り付け可能。NumLock解除モードではカーソルキー入力が行える。モードの切り替えはLED付きボタンで行ない、動作モードはLEDの緑/赤/点灯なしで、いずれかで確認できる。 

キー数は23キーで、キーピッチは19mm、キーストロークはしっかりした深めの4プラスマイナス0.5mm。スイッチにはメンブレンキー方式を採用していてデスクトップ用キーボードと似た使い心地で入力できる。

テンキー側面にはUSB 2.0ハブを2ポート備えていて、カードリーダーやUSBメモリーなど接続の機会が多い機器に便利。またPCのNumLockキーとは連動せず、テンキー利用時もアルファベットなどの文字入力が行える。

サイズは幅91×奥行き156×高さ25mmで、USBケーブル長は0.8m。希望小売価格は7,344円(税込)。