フライトシミュレーター

ロジクールのシミュレーター用周辺機器「Saitek」ブランドから宇宙船の操縦席などを模した新製品3機種が3月1日に発売となる。「X56 HOTAS」「X52 PROFESSIONAL HOTAS」「X52 HOTAS」だ。

X56 HOTASは最新のVRゲームや、近年再び熱を帯び始めたスペースシミュレーションゲームの没入感を高めるための機器。親指位置に搭載したアナログスティック、RGBライティング、昇降舵と補助翼の16ビット軸操作、189個のプログラム可能なコントロールなどを備える。

地球の大気圏圏外を飛び、臨場感のためには従来のフライトシミュレーションとは全く異なる操縦方法が必要な宇宙船ゲームのため、6Dof(6自由度)、すなわちピッチ、ロール、ヨー、前進/後退、上昇/下降、左進/右進を操作できる。
 
X52 PROFESSIONAL HOTASはG-X52フライトコントローラの上位モデル。上位グレードのマルチファンクションディスプレイを採用し、ゲーム内のリアルタイム表示が可能。スティックに高精度のデュアルスプリング機構を搭載する。
 
X52 HOTASは105以上のプログラム可能なコマンドを呼び出せるマルチファンクションディスプレイを備え、精密なフライトシミュレーションが可能。時計/ストップウオッチ機能を使ってフライトプランを調整できる。

希望小売価格はX56 HOTASが3万2,630円(税別、以下同じ)、X52 PROFESSIONAL HOTASが2万8,310円、X52 HOTASが2万1,250円。