マウスのイメージ

3種類の握り方ができるBlueLEDマウス「NEO FIT(ネオ・フィット)」をバッファローは3月上旬に発売する。接続方式は2.4GHz無線と有線の2種類、サイズはそれぞれ「M」「S」サイズの2種類、カラーはブラック、レッド、ホワイトの3種類、全12製品の構成。

マウスを握る人の手は、性別や身長などによりさまざま。握り方もそれぞれ異なり、主要なものとしては「かぶせ持ち」のほかに「つめたて持ち」「つまみ持ち」がある。

マウスの握り方一覧

バッファローは従来製品についてサイズ感、握り心地、スクロールホイールに対する不満や、外観、添付のアプリケーションに対する要望を分析して新製品を開発した。

まずマウス上部をとがらせ「かぶせ持ち」の際に掌の中央に当たって安定感、フィット感を高める「バックボーンフォルム」形状とした。さらに「つめたて持ち」「つまみ持ち」の場合に親指で保持することを意識し、親指グリップ部を広く設計。外側に傾けた形状が手首への負担を軽減する。

2つのサイドボタン、ホイールボタンに機能割当ができるアプリを用意。各種機能を呼び出せるショートカットキーを割り当てるほか、任意のキーの組み合わせでオリジナルのショートカットキーを作成できる。また上部中央に配置した「カーソル速度変更ボタン」を押すだけで1,000dpiと1,600dpiの2種類のカーソル速度を切り替え可能。解像度の違うディスプレイ間を移動する際や、細かな作業を必要とするアプリケーションを使う際に役立つ。

マウスの動きを読み取る光学センサーには高感度BlueLEDセンサーを採用。また、すべてのボタンに音圧レベルを抑えクリック時のカチカチ音を低減する「静音スイッチ」仕様で、静かなカフェなどでも使えるとする。

2.4GHz無線タイプは単3形アルカリ乾電池1本で約3年利用可能。電池残量が少なくなると「カーソル速度変更ボタン」上部に搭載しているLEDの点滅で知らせる。

オープン価格だが、直販価格をみると、有線モデルはMサイズが2,180円(税込、以下同じ)、Sサイズは2,030円。ワイヤレスモデルはMサイズが3,218円、Sサイズが3,110円。