スイッチングハブのイメージ

ネットギアジャパンは、10GBASE-Tを2ポート搭載したスイッチングハブ「SX10」を販売開始した。プロゲーミング向けだという。

ネットギアによると、すべてのオンラインゲーマーは、勝つために高速で低遅延のネットワークが必要。「NIGHTHAWK」ブランドのスイッチはノイズに強い亜鉛合金筐体、ゲーム・ストリーミング通信の優先処理、LEDを集中できる好みの色に変更する機能を搭載し、一般に利用するVLAN、リンクアグリゲーションなどにも対応している。

さらにマルチギガ対応の10GBASE-Tを2ポート搭載したことで、ゲーマーは有線ネットワーク内の遅延を心配する必要がなくなり、勝つことに集中できるとのこと。

仕様は8ポートの10/100/1000BASE-T、2ポートの1G/2.5G/5G/10GBASE-T、ループ防止、マルチキャスト、LAG、QoS、IGMPなどを備える。

オープン価格だがAmazon.co.jpは7万5,600円(税込、以下同じ)、セールとして5万3,000円で販売中となっている。