HDMI切替器のイメージ

ブルーレイプレーヤー、PC、ゲーム機などをつなぎ、いずれかの映像や音声を選んでテレビに出力できる小型HDMI切替器「DH-SWL」シリーズが2月下旬に発売予定。エレコムが取り扱う。

テレビやディスプレイのHDMI入力端子が不足していても、いちいちケーブルを差し替える手間なく、複数の機器を利用できる。

HDDレコーダー、ブルーレイ/DVDプレーヤー、PlayStation 4、Nintendo Switch、Chromecastなどさまざまな製品を接続できる。

切替器のイメージ

サイズは95~117×46×15mm。テレビスタンドやAVボードなどの空いた場所に収まる。本体を定位置に固定できる滑り止め付き。

通常はつながった機器からの電力供給だけで動作する。入力状態を確認できるLEDランプも搭載し、どの機器から映像や音声が来ているかがすぐ分かる。ただし安定した動作ができるよう外部電源とつながるUSB micro-B端子も備える。なおmicroUSBケーブル、ACアダプターは別売。

このほかEUの「RoHS指令(電気・電子機器に対する特定有害物質の使用制限)」に準拠し環境に配慮した仕様も特徴となっている。希望小売価格は2台の機器の切り替えが可能な「DH-SWL2BK」が2,473円、3台切り替えの「DH-SWL3BK」が2,754円。4台切り替えの「DH-SWL4BK」が3,445円。