デス・スターのイメージ

X-ウィングのイメージ

映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する「X-WING(X-ウィング)」「DEATH STAR(デス・スター)」を電子基板で再現した「FLASH iPhone Xケース」「FLASH ICカードクリップ」が販売中だ。電子技販の製品。

金メッキを使った配線パターンで緻密にスター・ウォーズの兵器を描いている。ケースはiPhoneが発する電波でLEDが光る回路を搭載し、ICカードクリップも改札のタッチで光る。

クリップのイメージ

いずれもCADでデザインし、本物の基板に電子部品を実装して作ったもの。電子技販の本業である基板設計製造業と同じ製造設備、製造方法を使っている。CAD上でマウスで1つ1つ線を引き、実装後は実装部品を保護するためにクリーンルームで人の手により1個1個樹脂でコーティングを施している。日本製。

ところで、ケースが光る仕組みだが、iPhone自身が発する電波を電力に変換し、昇圧するようになっている。基板の裏面にあるアンテナが、iPhoneが発する電波を受けると、基板の表に回す。表面には増幅回路が組んであり、セラミックコンデンサー、ダイオードなど合計26個で電圧と電流を高めてLEDを点灯する。

いつでも光るのではなく、iPhoneで情報量の多いGoogleマップやアプリを使った際や、エレベーターや地下街でiPhoneが位置情報を探している際などに光りやすい。

なおケースは「Qi」規格のワイヤレス充電器を利用可能。電子技販が一部の製品で試験を済ませた。ただし充電器によって発熱によってクリア樹脂が劣化する恐れはあると見込んでおり、その場合はLightningケーブルでの充電、またはケースを外しての充電が好ましい。

希望小売価格はケースが1万6,200円(税込、以下同じ)、クリップが8,100円。本体カラーは緑、黒、白。