ワイモバイル「S4」のイメージ

「ワイモバイル」ブランドの新商品として、防水、防塵(ぼうじん)、耐衝撃かつ割れにくい高強度ディスプレー「ハイブリッドシールド」を採用したAndroidスマートフォン「S4」が2月8日に発売予定だ。2日から予約を受け付ける。

「Android One」の名前を冠するスマートフォンの1つ。音声アシスタント「Google アシスタント」、写真共有「Google フォト」、地図「Google マップ」、動画共有「YouTube」といった人気のアプリケーションを選んで搭載し、分かりやすく、簡素で使いやすいのが特徴。最新のAndroid OSを利用でき、セキュリティ機能の自動更新が毎月あるのも利点だ。

S4のメーカーは京セラ。独自の高強度ディスプレイ「ハイブリッドシールド」を採用しており、IPX5/IPX7相当の防水、IP5X相当の防塵に対応。米国国防総省基準MIL-STD-810Gにおける規格に準拠した耐衝撃性能を備える。

HDR対応の約1,300万画素のカメラを搭載。ディスプレイは約5型フルHD。ぬれた手や手袋を着けた状態でも操作が可能なため、屋外のレジャーなどで生かしやすい。2,600mAhのバッテリーと省電力設計により3日間以上の電池保ちを実現したとする。

赤外線、歩数計、子供(こども)の利用も想定し、契約するとすぐ使える「あんしんフィルター」といった機能も組み込んでいる。おサイフやワンセグの機能はなし。

OSはAndroid 8.0。CPUは4+4コア(1.4GHz+1.1GHz)のMSM8937。メモリー容量は3GB、ストレージ容量は32GB。重さは約130g。本体カラーはホワイト、ブラウンブラック、ライトブルー、ピンクの4種類だ。