新型ルーターのイメージ

Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応した2ストリームのホームルーター「Aterm WG1200CR」が2月8日に発売となる。無線では5GHz帯で最大867Mbpsの高速通信が可能。有線部分は1000Mbps対応。NECプラットフォームズの新製品。

新商品は、2017年発売の普及モデル「Aterm WF1200CR」をもとに改良している。有線LANは1ポートとシンプルながら、1000Mbpsに対応。従来のルーターにあるWi-Fi接続設定を簡単な操作で引き継げる機能も備える。

またスマートフォンなどの位置を検知し、そこに向けて集中して電波を送信する「ビームフォーミング」機能に対応し、より高速な通信を可能にした。

「Wi-Fiデュアルバンド中継」機能も搭載し、中継機としても使える。親機、子機としても利用可能。

サイズは40.5×116.5×110mm、重さは約0.2kg。オープン価格だが、店頭実勢は5,000円(税別)前後となる見通し。