クンクンボディのイメージ

ニオイ(体臭)の種類を嗅ぎ分け、強さを測定し、可視化する「Kunkun body (クンクン ボディ)」を、コニカミノルタが発売した。直販サイトで購入できる。

本体とスマートフォン用アプリケーションで構成する。一般に不快なニオイとされる汗臭、加齢臭、ミドル脂臭の成分を検知し、強さを数値としてあらわし、10段階で表示する。測定結果によりニオイ対策が必要かどうか客観的な判断が可能になる。

クンクンボディのイメージ

人の鼻は同じニオイをしばらく嗅いでいるとそのニオイを感じにくくなってしまう性質(疲労性)がある。自分のニオイの自覚が難しく、強いニオイを発していることに気づけない可能性がある。また職場で気になる身だしなみ1位はニオイ、気になるが最も指摘しにくい身だしなみも1位というデータ(マンダム調べ)もあるとのこと。

またニオイ対策は暑い夏だけのものでなく、冬も汗腺機能が低下し、成分の濃い汗が出ることから、需要があると見込む。

クンクンボディを試せるよう「Kinko's (キンコーズ)」10店舗、ソフトバンク表参道、阪急メンズ東京などに一定期間展示する予定。詳細は公式サイトを参照のこと。

本体サイズは約108.5×53.5×22.5mm。重さはバッテリー込みで約100g。充電用USB Micro B端子つき。iOS 8以上を搭載したiPhoneやiPad、あるいはAndroid OS 4.3以上を搭載したスマートフォンなどが必要。また近距離通信規格としてBluetooth 4.0以上に準拠する機種が求められる。直販価格は3万円(税込)。