ハイレゾ対応のリニアPCMレコーダー

3マイクシステムにより低音域から高音域まで原音に忠実に録音し、データの可逆圧縮形式「FLAC」で保存するハイレゾ対応リニアPCMレコーダー「LS-P4」を、オリンパスが2月9日に発売する。

90度に配された2つの高性能指向性マイクに、低音域を効果的に捉える無指向性のセンターマイクで構成する「TRESMIC(トレスミック)」システムを搭載。センターマイクを入れると、20Hzから80Hzの領域に多く含まれるバスドラム、ベースギターなどの低音域も録音できる。

初めてFLAC形式に対応した。長時間録音を行ってもデータ量を抑えられるのが理由。そのため、インターネット経由で録音内容を受け渡しする際のアップロード、ダウンロードが短時間で済み、作業を効率よく行えるという。内蔵ストレージは8GB。最大32GBまでのmicroSDHCメモリーカードを挿入できる。

FLAC形式での録音再生にも対応しており、ハイレゾ音源をダウンロードしてメディアプレーヤーとして利用することもできる。好みの音質が楽しめるイコライザー機能があり「ROCK」「POP」「JAZZ」の3つのプリセットと、60Hz、250Hz、1kHz、4kHz、12kHzの各周波数帯を-6から+6まで1dB刻みに細かく設定できる「USER」が選べる。

Bluetoothでヘッドホンや外部スピーカーと連携。無料でダウンロードできるAndroidスマートフォン向けアプリケーション「Olympus Audio Controller BT」を使うと、レコーダーの録音開始、停止などどを遠隔操作できる。

またPCを使わず録音内容を加工できる本体内編集機能を備える。「オーバーダビング」機能を使って、音楽CDや楽器演奏のみの録音に、さらに別の演奏や歌を重ねて保存できる。音源の最初の1秒間を徐々に大きくする「フェードイン」、最後の1秒間を徐々に小さくしてゆく「フェードアウト」、「ファイル分割機能」や「トリミング機能」「部分消去機能」もある。

このほかの機能は、狙った音に集中する「ズームマイク」モード、周囲の環境音に合わせてマイク感度を自動調整する「ボイスチェイサー」、音声のない部分を飛ばして再生する「声だけ再生」、話している人が複数いる場合に小さな声は大きく、大きな声は一定以上にならないようにする「ボイスバランサー」、「ノイズキャンセル」、録音日時からすばやく検索ができる「カレンダー検索」、録音内容の音量を最大限大きくして聞き取りやすく補正する「ノーマライズ機能」などだ。

インターフェイスとしてPCとの接続と充電用にUSB端子を内蔵するが使わない場合は本体に格納し、カバーをかけられる。なお「三脚アダプター」を同梱し、本体背面のネジ穴に取り付け一般の三脚と接続できる。オープン価格だが、店頭実勢は1万9,980円(税別)前後となる見通し。