FinePix XP130のイメージ

富士フイルムは、レジャー向けデジタルカメラ「XP」シリーズの最新モデルとして、約207gと小型軽量でかつ強力な防水、防塵、耐衝撃、耐寒性能を持たせた「FinePix XP130」を2月15日に発売する。

IP68に準拠し、「水深20mまでの防水」「高さ1.75mから落としても耐えうる耐衝撃構造」「-10℃までの耐寒」「砂やほこりの侵入を防ぐ防塵」といった特徴がある。さらに滑りにくいグリップや、電池蓋のダブルロック機構など、マリンスポーツやキャンプなどでも使いやすく、子供のファーストカメラにも向く。

またBluetoothでスマートフォン、タブレットとペアリングするだけで撮影した写真を簡単、即時に自動転送することが可能。その場でSNSに気に入った写真を投稿しやすい機能がある。

1,640万画素裏面照射型CMOSセンサー、描写力の高さを打ち出した広角28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載し、独自の色再現技術も採用する。

約207gの小型軽量設計に3.0型・92万ドットの大型・高精細液晶モニターを搭載。光の反射を抑えたモニターで、強い日差しの下や水中でもフレーミングや撮影画像の確認が快適に行える。スキーなどでグローブを装着していてもスムーズに操作できるよう、操作ボタンの大きさや位置を最適化している。

瞳を自動検出しピントを合わせる「瞳AF」機能、画面上で簡単に水平を合わせられる「電子水準器」機能などを備える。画像の一部だけが動くことで、狙ったテーマを際立たせる表現技法「シネマグラフ」撮影や、定点観測撮影に威力を発揮する「タイムラプス動画」機能、最速10コマ/秒の高速連写、フルハイビジョン動画撮影なども利用できる。

カラーバリエーション

本体カラーはホワイト、イエロー、スカイブルーの3種類。オープン価格だが店頭実勢は2万7,500円(税別)前後を見込む。