楽天トラベルのイメージ

楽天の宿泊予約アプリケーション「楽天トラベル」で、秋からホテルや旅館だけでなく「民泊」が選べるようになる見込みだ。宿泊代の安さに期待が集まる。

周知の通り、民泊は一般住宅などを旅行者の宿泊施設として利用できるようにする取り組み。「シェアリングエコノミー」の代表として注目を浴びる。海外では「Airbnb」などが有名。日本でも徐々に拡大している。

楽天グループの民泊事業会社、楽天LIFULL STAYは、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に先立ち3月15日から民泊物件の登録を受け付ける。民泊新法の施行後は、新たなWebサイト「Vacation STAY(仮称)」に物件の一覧を掲載予定だ。

さらに2018年9月ごろをめどに、楽天トラベルがVacation STAYに登録した民泊物件の情報を掲載するようになる。これにより楽天トラベルを使っている人は、ホテルや旅館、ホステルだけでなく、民泊も宿泊先の選択肢の1つとして比較検討できるようになる。

楽天LIFULL STAYは、2017年3月に設立。「ブッキング・ドットコム」「ホームアウェイ」「途家」「AsiaYo.com」といった民泊・宿泊予約を手掛ける海外企業と提携してきた。海外からの旅行者は、これらを通じてVacation STAYに登録した日本の民泊施設を予約できる。

なお登録する民泊施設は、民泊新法、特区民泊、または簡易宿所営業許可など必要な法令に基づき届出が受理済みの物件のみを扱う。国内外とも民泊にはしばしば違法営業が見られ、犯罪などの温床につながりかねないとする指摘もあり、これに配慮したかたちだ。