“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」

「Under-the-Jack Pack(アンダー・ザ・ジャックパック)」は、その名前の通り、ジャケットの下に“着る”バックパック。サンフランシスコのアパレルメーカー「Betabrand」が開発した。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
ジャケットの下に“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack(アンダー・ザ・ジャックパック)」

厚さわずか3.8センチという超極薄形状で、かつ体にぴったりフィットするのが特徴。混雑した電車内で、他の乗客の迷惑にならないかと気遣う必要がない。自転車での移動が多い人にも便利だろう。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
混んでいる場所でも、周りの人にバックパックが当たらない

またバックパックはスリなどに狙われやすい傾向にあるが、ジャケットの下に装着しておくことで、中の貴重品を盗まれにくいというメリットもある。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
貴重品を収納しても安心

薄くても、ノートPCなど仕事に必要なものは持ち運べるデザイン。内側にはノートPC収納ポケット1つ、仕切りポケットが大中小各1つ、ペンホルダーが1つある。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
ノートPCが薄くなったのだから
それを運ぶバックパックも薄くなるべき

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
ポケット類も豊富

サイズは「13インチ」と「15インチ」の2サイズ。所有するノートPCのサイズに合わせて選択可能だ。カラーバリエーションとしては「ブラック」「グレー」「レッド」「シルバー」が用意されている。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
ん~、見た感じ、サイズはあまり変わらない?

一般販売予定価格は「ブラック」「グレー」「レッド」が1万1,664円で、「シルバー」が1万2,744円(いずれも消費税込み)。

“着る”バックパック「Under-the-Jack Pack」
カラーバリエーションの一つ「レッド」

開発したのはサンフランシスコのアパレルブランド「Betabrand」。同ブランドは、1月11日21時から日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトを「Kibidango」でスタートさせる。プロジェクトが成立した場合、「Under-the-Jack Pack」を一般販売予定価格よりも安く購入可能だ。Kibidangoでの支援価格や支援方法、発送時期などについて詳細は、Kibidangoサイト内の当該プロジェクトページを参照されたい。

着るバックパック