HDDレコーダーのイメージ

テレビを愛する人向けに「2台目」用のハードディスクレコーダー「HVTR-T3HDT」シリーズをアイ・オー・データ機器が用意している。2018年1月下旬に販売予定。

家族共用のハードディスクレコーダーでは飽き足らず、自分専用のレコーダーが欲しいという人、あるいは単にもっとたくさんの番組を録画したいという人向けだ。

チューナー3基を内蔵しており、3番組同時録画ができる。「地デジ×地デジ×地デジ」、「地デジ×BS×110度CS」など放送波の組み合わせは自由。ストレージ容量1TBモデルと2TBモデルがある。

1TBモデルなら最大約1,090時間録画でき、ハードディスク装置(HDD)はUSB接続で、録画容量が一杯になったら簡単に交換できる。家庭のWi-Fiなどに接続すれば、スマートフォンやタブレットから録画予約や視聴ができる。スマートフォンへの自動持ち出しも可能。なお初回設定には、HDMI接続できるテレビまたはPC用ディスプレイが必要。

直販価格はストレージ容量1TBモデルが3万5,424円(税込、以下同じ)、2TBモデルが4万824円。