中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」

ぐるぐる回して遊べるおもちゃ「ハンドスピナー」。そのハンドスピナーの機能を持つ携帯電話「Servo S08」が登場した。中毒性の高いハンドスピナーと、やはり中毒性があると言われる携帯電話を一つにしたベストコンビ。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
中毒性X中毒性のベストコンビ「Servo S08」
いらいらしたら、ぐるぐる回せる

「ハンドスピナー」は確かに癖になる。だが、だからといってオフィスに持ち込むのは気がひける。また移動時にカバンを持たず、ポケットに財布と携帯電話だけを入れて移動するという人にとって、ハンドスピナーを持ち歩くのはそれなりに面倒だ。

「Servo S08」はそんな人向けに開発されたデバイス。携帯電話としても「ハンドスピナー」としても使えるので、時間つぶしをする方法を増やせる。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
1台で、2つの暇つぶし!

「Servo S08」は、今年の9月頃にインドで発売されたChilli「Spinner Keypad Mobile Phone」の後追い製品と考えられるデバイス。同製品はIT関連メディアで話題になったが、インドから購入するのはなかなかに困難だった。筆者もAmazon.inにアカウントを作って購入を試みたが、日本への配送手段ががなく断念した。

Chilliの「Spinner Keypad Mobile Phone」
インドで大人気! Chilli「Spinner Keypad Mobile Phone」
よりハンドスピナーらしいデザイン

その点、「Servo S08」はGearBestやAliExpress、Banggoodといった、一部の人にはお馴染み(?)のサイトから購入できる。やっとハンドスピナー型携帯電話を、日本からも比較的手軽に購入可能になった。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
Chilli「Spinner Keypad Mobile Phone」ではないけれど…。

仕様などについて少し触れておくと、サイズは90x40x11ミリで重さは68グラム。400mAhのバッテリーを搭載しており、スタンバイ状態で3~4日間、連続通話で3.5~4時間の利用が可能だという。電話としての機能の他に、カレンダー、電卓、MP3/MP4プレーヤー機能が搭載されているらしい。ディスプレイサイズは1.33インチ。利用可能言語は英語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、フランス語で、日本語には対応していない。Bluetooth v2.0を装備している。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
いまどきBluetooth v2.0って…。

なお、「Servo S08」で採用されている通信規格はGSMのみ。技適が取得されていないこともあり、日本では使用できない。だが、海外旅行や出張に頻繁にでかけ、現地でプリペイドSIMを買って携帯電話を使うことが多いという人には「Servo S08」は魅力的なガジェットとなるだろう。飛行機の機内で過ごす長い時間、「Servo S08」はハンドスピナーとして、あなたの退屈をいやしてくれるはずだ。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
優れたボールベアリングを搭載
“無限によく回る”のだそう

価格は日本円で2,000円程度。携帯電話としては使えないが、MP3プレイヤー+電卓+カレンダー+ハンドスピナーがこの値段で手に入るとしたら、安い買い物という気がする。

中毒性の高い「ハンドスピナー」型携帯電話「Servo S08」
回せば、いらいらを解消できるかも?