OneDriveのトラブル

Microsoft(MS)のオンラインストレージ「OneDrive」で12月18日、一時障害が発生した。Webブラウザーから専用サイトを開くとエラーが発生する恐れがある。

OneDriveのエラー画面

一方で、PCまたはスマートフォン向けアプリケーションからは利用可能で、代替手段として推奨になっている。今後も同様のトラブルが発生するかもしれず、ブラウザーのみでOneDriveを使っている人はアプリを導入しておくのがよいようだ。

ちなみに障害が始まったのは日本時間の12月18日深夜0時台。半日近くが経った11時でも影響が残った。MSによると、原因はOneDriveの設定更新が予定通りにゆかなかったこと。すでに問題を修正し、あらためて更新を進めているとしている。

最新の情報についてはMSの専用サイトから確認することが可能だ。障害から復旧してもしばらく不安定になる場合もあるので念のため目を通しておきたい。