石でできたスピーカー「Stones Speakers」

「Stones Speakers」は、エンクロージャーの素材に石を採用したスピーカー。イタリア ロッツォ・アテスティーノに本拠をおくStones Speakersが開発した。

石でできたスピーカー「Stones Speakers」
エンクロージャーの素材に石を採用したスピーカー「Stones Speakers」

石切り職人のMichele Gastaldelloさん、エンジニアのGiacomo Munariの共同作業によって生まれたスピーカー。彼らの生まれ故郷で採れる石を世界に広めたいという思いで作られた。この石はヴェネツィアの舗道の材料として使われてきたものだそうだ。

石でできたスピーカー「Stones Speakers」
昔からヴェネツィアの舗道の材料として使われている石を使用

彼らが最初に作った石のスピーカーは、見た目も音も楽しめる4ウェイスピーカー。Michele Gastaldelloさんの手で切り出された石が材料のずっしり重いこのシステムは、エンクロージャーに合板を使用した一般的なスピーカーとは異なる響きを生み出すそうだ。

石でできたスピーカー「Stones Speakers」
どんな音なんだろう??

とはいえ、このシステムは一つのタワーが250キロ。運ぶのはなかなかに困難で、「世界に広めたい」という目的には不向きだった。そこで彼らは市販向けに「482 Petrina」と「487 Venetia」の2種類のスピーカーを開発した。

石でできたスピーカー「Stones Speakers」
これひとつが250キロ!
元横綱の曙太郎さんなみ

「482 Petrina」は、高さ160x幅160x奥行160ミリで、重さ約6.5キロのスピーカー。小ぶりながらも、石のスピーカーの味わいを体感できる製品だ。

そこで彼らは市販向けに「482 Petrina」と「487 Venetia」の2種類のスピーカーを開発した。
小型の「482 Petrina」
これなら、部屋における

小型石スピーカー「482 Petrina」
利用イメージ

「487 Venetia」は2ウェイのスピーカーシステム。サイズは高さ390x幅290x高さ360ミリで、重さは55キロとなっている。 

石でできたスピーカー「Stones Speakers」-まさに“ロック!”
2ウェイスピーカーシステム「487 Venetia」
サイズは本棚スピーカーだが
本棚に設置するのは無理?

どちらも前述の4ウェイスピーカーに比べればサイズは小さめ。だが大型のスピーカー同様、石切り職人の手で切り出された石が使われた、この世に同じ形は二つとない、ハンドメイド製品だ。

石でできたスピーカー「Stones Speakers」-まさに“ロック!”
量産には向かなそうです…。

Stones Speakersは「Stones Speakers」を世界に向けて販売するため、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施している。キャンペーンでは「482 Petrina」の2個セットが390ユーロ+日本への送料99ユーロで入手可能だ。「487 Venetia」の2個セットは5,990ユーロ+日本への送料1,000ユーロ。出荷は2018年8月に予定されている。