ポルシェのイメージ画像

21世紀のソーシャルゲーム業界は、20世紀のバブル期を彷彿とさせる好況だ。トップを走る「モンスターストライク(モンスト)」は、ポルシェのクルマなどがあたるキャンペーンを開催する。

2017年の日本が好況か不況か、統計はともかく体感では判断が分かれるところだが、少なくとも天井知らずの高騰を続ける仮想通貨、そしてガチャなどの課金により莫大な収益を産み続けるソーシャルゲームの上位企業は我が世の春を謳歌している。

キャンペーン内容も快調を反映したものと言える。3月に人気作品「グランブルーファンタジー(グラブル)」が、抽選で現金1,000万円などを受け取れる懸賞を始め、遊んでいる人をぼうぜんとさせたのは記憶に新しいが、今度はモンストがポルシェのクルマなどが当たるキャンペーンを始める。

題して「モンスト サンタになれるくじ」。12月23~25日、ゲーム内でくつ下アイコンを
タップし、クジを引くだけで参加できる。

当選すると本人が賞品の1つもらえ、さらに同じ賞品を誰かに贈れる。最上位の金賞は3人分を用意している。次の通りだ。

・ポルシェ ※3車種から選択
・お肉&お米一生分
・世界一周旅行
・家事代行サービス500万円分
・ユニクロギフトカード 500万円分

続いて次位の「銀賞」は25人分を用意している。次の通りだ。

・ソニー 65 型 4K 有機テレビ
・YAMAHA 原付&出光キャッシュプリカ 25 万円分
・ハワイ旅行
・叙々苑 50 万円分
・マッサージチェア
・酸素カプセル

さらに「銅賞」もあり、50人に当たる。次の通りだ。

・電動アシスト自転車
・吉野家牛丼一年分
・銀だこ一年分
・キャンプセット
・DVD100 本セット
・書籍 100冊セット

まだ終わりではない。ゲーム内賞品の一覧もある。「今年も天使が5人でやってくる賞」は1人に当たり、天使キャラ5体(ミカエル、ウリエル、ルシファー、ラファエル、ガブリエル)がもらえる。「今年も天使がやってくる賞」は5人に当たり、天使キャラ5体(ミカエル、ウリエル、ルシファー、ラファエル、ガブリエル)の内どれか1体を受け取れる。「オーブ1年分賞」は1人に当たり、オーブ1,825個をもらえる。最後に「オーブ大盛り賞」は100個が500人に、50個が1,000人に、20個が3,000人に、10個が7,500人に当たる。

いささか度肝を抜かれるが、かかるキャンペーンをソーシャルゲーム業界に可能ならしめたのは、投機資金でも公的支援でもない。まぎれもなく国内から一般人が遊びのために投じたお金だ。果たして日本は好況なのか、不況なのか、いまいちど考えさせられる。