明日は「ふたご座流星群」-ウェザーニューズが最新の天気傾向を発表

ウェザーニューズは「ふたご座流星群」が見ごろとなる12月14日夜~15日明け方の天気傾向を発表した。同社は流星特別番組で「ふたご座流星群」を生中継する。また、「ふたご座流星群」にちなんだゲスト、双子ユニット「りかりこ」と、双子ダンスで話題の「まこみな」を迎えたLINE LIVE限定の事前番組と特別番組も配信する。

◆当日の天気は?

14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない東日本の太平洋側や北海道道東の太平洋側では、流星観測に期待ができそう。四国や近畿は段々と雲が広がってくるため、早めの観測がおススメとなる。一方、日本海側や九州では、雲が広がりやすく、観測には難しい条件となりそう。

この予報は12月13日時点のもの。最新の情報についてはスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空 Ch.」、およびウェザーニュースの特設サイト「ふたご座流星群」を参照されたい。

◆ふたご座流星群とは?

三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」は、毎年ほぼ確実に多くの流星が出現するのが特徴。また、早い時刻から流星が出現し始め、ほぼ一晩中出現が続くので、多くの人にとって観測しやすい。今年は出現ピークが新月直前にあたるため、月明かりの影響を受けず観測できる。

出現ピークは14日16時頃と予想されており、13日夜や14日夜が流星の見頃となる。特に、放射点が空高く上がってくる21時以降の観測がおススメ。

明日は「ふたご座流星群」-ウェザーニューズが最新の天気傾向を発表
14日22時頃の星空(東京)

流星群はふたご座の周辺のみに出現するわけではなく、放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこでも観測できる。街明かりのない、空が開けたところでは、1時間あたりに40個程度の流星が期待できそう。

◆「ふたご座流星群」を生中継

ウェザーニューズは、「ふたご座流星群」を流星特別番組で生中継する。14日20時~22時30分に放送する流星特別番組では国内3か所から生中継を行い、ゲスト解説者に国立天文台の方をスタジオに迎え、“リアルタイムプラネタリウム”を放送する。番組はウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトで視聴できる。

また今回はLINE LIVEの公式アカウント「LIVEチャンネル」で、LINE LIVE限定番組を17時30分から18時30分までと23時から25時までの2回配信する。LINE LIVE限定番組では「ふたご」座流星群にちなみ、双子ユニット「りかりこ」、双子ダンスで話題の「まこみな」をゲストに迎える。

LINE LIVE限定番組ゲスト “りかりこ”
LINE LIVE限定番組ゲスト「りかりこ」

双子ダンスで話題の“まこみな”
双子ダンスで話題の「まこみな」

14日の放送スケジュールは次の通り:
・17時30分~18時30分  LINE LIVE限定ふたご座流星群事前番組
・20時~22時30分 ふたご座流星群特別番組
・23時~25時  LINE LIVE限定ふたご座流星群特別番組