「にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』

ネコ好きには、ネコの特定のパーツが好きという人も多いみたい。肉球が好きという人はいまや珍しくはありませんが、ネコのお尻が好きという人や、ネコの耳の匂いがグッドスメルだというマニアな人もいます。

芳澤ルミ子さんが2016年6月に出版した『にゃんたま』は、そんなマニアさえもうならせる写真集。なんとねこのたまたまにフォーカスした写真集でした。その芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』が12月8日に販売開始されました。

「にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
参考画像:芳澤ルミ子さんが2016年に出版した『にゃんたま』
ねこのたまたま、てんこもり!

『ネコの裏側』は、アクリルボード製のキャットウォークの下から撮影したネコ写真を集めた一冊。ふだんは見られないネコの隠された一面を、思う存分じっくり眺められます。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「見下ろすのは、気持ちが良いニャ」

みんな大好き肉球も、前足、後ろ足、同時に拝めます。肉球を見せてくれるネコたちも多種多様。例えば子ネコの集団さんも、ういういしい肉球を公開しています。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「なに撮ってるのかニャ?」

もちろん、大人ネコの肉球も。こうしてみると、肉球もひとりひとり(?)違うものだなとつくづく感じます。人間の指紋みたい?

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「見るがいいわ!心行くまで、眺めるがいいわ!!」

ベロを出したまましまい忘れているネコ、いますよね?そんなネコを下から見ることだってできちゃいます。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「えへっ!」

興味深いのは香箱座り。あれを下から撮影した写真があります。見ればみるほど、「なぜ?」と思う座り方を、いくつかのバリエーションで堪能できます。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「私は、こう!他の人(ネコ)は知らニャいけど」

掲載されている写真では、ネコはほとんどキャットウォークの上。人間に対しては、徹底的に、上から目線です。ネコから見下ろされたいという願望を持っている方にとっても、たまらない写真集でしょう。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
「おれの肉球、見たくニャいって?」

2017年のイグノーベル賞では、「猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか」という研究に対し「物理学賞」が与えられました。同論文では、ネコは体積は一定ですが、その形状が容器に合わせて変化することから、液体としての特性も持っているとされています。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
参考画像:「猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか」を研究した論文の一部

この研究が正しいのかはよくわかりませんが、『ネコの裏側』にも液体化してしまったネコの画像が3枚掲載されています。

にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
うっ、確かに液体かも?

そしてもちろん、芳澤ルミ子さんならではのにゃんたま写真も!

「にゃんたま」の芳澤ルミ子さんによる最新写真集『ネコの裏側』
いまやめずらしいにゃんたま、が写真集の表紙です

全国の書店およびAmazon.co.jpなどの通販サイトで購入できます。判型はA5変形、96ページ。価格は1,080円です。