吉野家の新メニューのイメージ

牛丼チェーン「吉野家」で、12月14日から「豚スタミナ丼」の販売が始まる。

定番の「豚丼」をニンニクを利かせた特製タレで和えたメニュー。5月まで期間限定で販売していたが、好評だったため改良して再登場させる。

においを抑えたおろしニンニクとゴマ油風味のタレで和え、玉子のまろやかさを加えて「がっつり」食べられる。

同時に登場する「スタミナスペシャル」は豚スタミナ丼にねぎとキムチを組み合わせたもので、さらにボリュームがあり、名前の通り特別な一品となっている。

豚スタミナ丼の価格は「並盛」が450円(税込、以下同じ)で、カロリ―は719Kcal。「アタマの大盛」は550円で800Kcal、「大盛」は620円で914Kcal、「特盛」は750円で1072Kcal。ちなみにスタミナスペシャルは並盛が650円となっている。