ホンダ5代目「LEGEND(レジェンド)」をマイチェン

ホンダは2018年2月にマイナーモデルチェンジを予定している「LEGEND(レジェンド)」に関する情報の公開を、同社公式Webサイトのスペシャルページで開始した。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能) 作動イメージ
ホンダ、「LEGEND(レジェンド)」改良モデルの情報を公開開始

レジェンドは、ホンダのフラッグシップモデル。5代目では、エンジンと3つのモーターによって四輪の駆動力を自在に制御する世界初のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWDR(Super Handling-All Wheel Drive)」を核に、操る歓びを追求している。

今回のマイナーモデルチェンジでは、ボディー、シャシー、制御など細部までチューニングを施し、ハンドリング性能と上質な乗り心地をさらに磨き上げた。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能) 作動イメージ
ドライバーが「意のまま」と感じられるようなハンドリング性能

エクステリアでは、フロント、リアのデザインをよりアグレッシブな印象に一新。インテリアではシートの形状、表皮の質感、カラーリングなど、さまざまな領域を進化させた。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能) 作動イメージ
シートの形状、表皮の質感、カラーリングなどを進化させた

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)を初搭載。高速道路での渋滞時など、0km/hから約65km/hで前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするように、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減する。

ホンダ5代目「LEGEND(レジェンド)」をマイチェン
トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能) 作動イメージ