ティファニーのボタンのイメージ

Tiffany(ティファニー)のショッピングサイトにある「おねだり」ボタンが話題だ。贈り物をしてくれそうな親しい誰か、つまり恋人や配偶者に、気に入った指輪や首飾りなどの情報を送り、望ましい品として提案する機能だ。

この機能は以前からあり、過去たびたび話題になっているが、クスマスシーズンなどが近づとあらためて注目を浴びる。ちなみにティファニーの米国版ショッピングサイトにも同様の機能が「DROP A HINT(ほのめかす・ヒントを与える)」ボタンとして備わっている。

できることは変わらなくても、米国では「ヒントを与える」としているものが、日本では「おねだり」になるのは、それぞれの国で恋愛や結婚といった関係を一般にどうとらえているかの違いも影響していそうだ。日本の方が正直と言うべきか、米国の方が奥ゆかしいと言うべきか。

Twitterなどでは、おねだりボタンをめぐって「この機能を気軽に使えるほどの間柄なら、直接口にしてもかまわないのでは」とか「もっと色々なサイトに似た機能が欲しい」とかさまざまな意見が出ては盛り上がっている。

なお、おねだりボタンはティファニーの専売特許という訳ではなく以前に大手ショッピングサイトの「ZOZOTOWN」が導入するなどほかにも例は多々ある。