冬の海幸天丼のイメージ

天丼チェーン「天丼てんや」は、11月24日から季節限定メニューとして「冬の海幸天丼」と「ふもと赤鶏天丼」を販売する。また「年越し天ぷら」の予約受け付けも始める。

冬の海幸天丼は、天然ホタテ、アンコウ、マダラの白子など、贅沢な海の幸を載せた豪華な天丼。ホタテは、水揚げ高日本一を誇る北海道猿払産。オホーツク海で時間をかけて育ち、濃厚な甘みとプリプリした食感が特徴。

淡白な白身が天ぷらによく合うアンコウや、クリーミーな味と滑らかな舌触りが魅力のマダラの白子も彩りとなっている。

同時に発売する「ふもと赤鶏天丼」は肉天丼シリーズの一品として、佐賀県の豊かな自然環境で育ったブランド鶏ふもと赤鶏のやわらかな胸肉を、醤油と生姜風味の特製ダレに漬け込み、ジューシーな鶏天に仕上げて載せている。なんこつ入りつくねのコリコリした食感も楽しめる。

ふもと赤鶏天丼のイメージ

価格は冬の海幸天丼が890円(税込、以下同じ)、ふもと赤鶏天丼が680円。

てんやの大晦日恒例となっている「年越し天ぷら」は早期予約特典として12月24日までに2,000円以上の予約で「生そば」4人前がもらえる。25日から29日までに 2,000 円以上の予約では生そば2人前。もし生そばの配布が予定数に達して終了した際は「天丼のたれ」が受け取れる。