LINEの新機能に関するイメージ

LINEは12月以降、送信したメッセージを一定時間以内であれば撤回できる「送信取消」機能を導入する。

「Gmail」などを使ってメッセージのやりとりをしている人にはなじみ深い送信取消機能だが、遅まきながらLINEでも利用可能になる。

送信取消の対象となるのは当初、24時間以内に送信したメッセージ。以降はLINEを使っている人の反応を見ながら機能の改善を検討していく見通し。

LINEが11月中旬に実施した調査によると、LINEでメッセージを誤って送信した経験がある人は約85%に達し、具体的には「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」が最も多かった。「LINEでメッセージを送信したことに気づいた際、どのような行動をとりますか?」の問に対しては「すぐ謝る」との回答が過半数。