時速160キロで走れる電動バイク、Dusenspeedの「Modell 2」

「Modell 2」は、1960年代に英国ロンドンで流行したカフェレーサーを模した電動バイク。スイスに本拠をおくDusenspeedが開発した。

時速160キロで走れる電動バイク、Dusenspeedの「Modell 2」
1960年代に英国ロンドンで流行したカフェレーサーを模した電動バイク「Modell 2」

カフェレーサーの特徴は、快適性よりもスピードを優先した点にある。「Modell 2」はこの伝統にのっとり、スピードを最重要視し、電動バイクでありながら最高速度160キロでの走行を可能にしている。

1960年代に英国ロンドンで流行したカフェレーサー
参考画像:1960年代に英国ロンドンで流行したカフェレーサー
快適とはいいがたいライディングポジション

その秘密はハイブリッドファイバーフレームの採用。フレーム単体での重量を約5.5キロにまで軽量化して、電動バイクとしては驚くほどの高速走行を実現した。

1960年代に英国ロンドンで流行したカフェレーサー
フレーム重量を約5.5キロを実現した「ハイブリッドファイバーフレーム」

航続距離は40キロと短め。高速化・軽量化の犠牲となってしまった。だが心配することはない。バッテリーが切れてしまったら、人力で走れば良いのだ。「Modell 2」には、足で漕げるペダルがついている。

時速160キロで走れる電動バイク、Dusenspeedの「Modell 2」
ペダルを漕げば、家に帰れる
…いつかは

日本への配送可否について尋ねたところ、現時点ではまだ日本市場参入の予定はないと同社のGerhard Weber氏より回答を得た。だが、日本からの問い合わせが増えるようであれば、検討するとのこと。価格については問い合わせて欲しいとのことだった。

時速160キロで走れる電動バイク、Dusenspeedの「Modell 2」
問い合わせでは、英語が使えます