早稲田大学のイメージ

早稲田大学は、爆破予告を受けたと発表した。11月7日の1限から3限までを休講とし、構内を立入禁止にした。学生、教職員の安全を確保するためとしている。

早大によると、爆破予告は9時~14時のあいだに行うというものだった。そのため4限以降については安全が確認でき次第、12時をめどに知らせる。

休講などの対象は早稲田キャンパス、戸山キャンパス、西早稲田キャンパス、喜久井町キャンパス・先端生命医科学センター(TWIns)、東伏見キャンパス、上石神井キャンパス(大学設置科目)、所沢キャンパス、所沢並木校舎、日本橋キャンパス。それに早稲田大学エクステンションセンター、早稲田校、八丁堀校、中野校。

一方、休講などの対象外となる施設もある。本庄キャンパス、北九州キャンパス。また高等学院・高等学院中学部、本庄高等学院にも適用しないとしている。

11月初週の連休には米国ドナルド・トランプ大統領の来日に関連して多数の爆破予告があり、警察などが対応にあたったが、すでに同氏は日本を離れており、今回の一件との関連は明らかではない。
【追記12:20】

早大は11月7日12時過ぎに追加発表し、安全を確認できたため、4時限目から平常通り授業を実施すると発表した。立入禁止になっていた各キャンパスに14時15分から入構可能。