現金お断りのお店のイメージ

欧米や中国の一部大都市などITに熱心で「キャッシュレス」電子決済に力を入れる地域では「現金お断り」の店舗も登場し話題だが、日本でも同様の試みが進んでいる。

ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を展開するロイヤルホールディングスは、新店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」を立ち上げた。完全キャッシュレス、セルフオーダーの業態。現金の管理をなくし、店員の作業を減らすという、少子高齢化による働き手不足などを見越した取り組みだ。

楽天の決済システム「楽天ペイ」を導入しており、支払いはクレジットカードのほか、「楽天Edy」や「Suica」をふくむ主要な電子マネーが利用可能。QRコード読取り機能を搭載したアプリケーションも公開する。

メニューはお酒とも楽しめるアペタイザー(前菜)、サラダ、ハンバーグなどの洋食料理、デザート、ソフトドリンクなど。

最新の調理機器を導入し、コックが調理したときと同じ火の入り方になるよう緻密な調整を行い、完成度の高いメニューを出すとしている。営業時間は平日15時~22時30分。土日祭日は13時~21時。