ハウステンボスの仮想通貨イメージ

長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」は、独自の通貨と言うべき「テンボスコイン」を発行する。「金本位制」を採用するとしている。

ブロックチェーン技術に基づく「仮想通貨」が空前の大流行だが、テンボスコインはまた趣の異なるもの。スマートフォンの無料アプリケーションを使って利用でき、現金を使わずにハウステンボス内での食事や買物ができる。

最大の特徴はテンボスコインが同等の金の裏付けがあることとしている。ハウステンボスは1トンの金(約50億円相当)を保有している。

ハウステンボスの従業員1,300人を対象に、社員食堂をはじめ、場内レストランや物販店で12月中旬から3か月、実験として導入する。

実験で課題を抽出、改善する一方、いずれハウステンボスにとどまらず、電力小売りを手掛けるHTBエナジーなどグループ会社や、周辺地域の事業者も参加できる体制を整えたい考え。

そのためブロックチェーン技術の検証も予定している。将来は日本円やドル、ビットコインなどと両替可能にし、世界初の「金本位制に基づく仮想通貨」として運用する計画。さまざまな関係企業とともに開発を進めていくとする。