ビットコインキャッシュのイメージ

最大規模の仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」から8月に分岐(ハードフォーク)して生まれた新通貨「Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)」。それがさらに分岐する可能性がある。

ビットコインキャッシュを支える基盤となるソフトウエアを手掛けるノードの1つ「Bitcoin ABC」が声明として、技術上の改善に伴う分岐を案内している。

くだんの声明によると、11月1日かそれより前にBitcoin ABCによるソフトウエアの新版を公開し、11月13日以降に分岐を有効にする。

ビットコインキャッシュを取り扱うエクスチェンジやウォレットなどのソフトウエアは13日以前に対応すべきで、事前にそれぞれの開発元への周知を図るとしている。取引所などが主な対象になる。

ビットコインキャッシュには、当然ながら取引所などに加えBitcoin ABC以外の複数のノードや、マイナーが参加しているが、間近に迫る期限までにすべてと分岐に関し合意する見通しであるかどうかは不明。

仮想通貨分野では、ビットコインキャッシュの成功以降、有力な通貨から分岐によって新通貨を誕生させ、利益を得ようとする「投機的ハードフォーク」への懸念が高まっており、10月にビットコインから分岐して生まれた「Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)」の意図にも疑問の声が出ている。ただしBitcoin ABCは今回、新通貨が誕生する可能性には直接言及していない。