東京メトロの無料Wi-Fi

東京メトロは、一部車両に導入している無料Wi-Fiを、2020年夏までに全路線全保有車両へ導入する方針を発表した。

訪日外国人向けだが、日本の利用者も接続できる。例えばiPhoneやAndroidスマートフォンにSSID「Metro_Free_Wi-Fi」を設定すれば、1回3時間まで回数制限なしでつなげ、NTTブロードバンド・プラットフォームの「Japan Connected-free Wi-Fi」などを入れれば便利に使える。

すでに銀座線1000系の一部編成と日比谷線13000系で使えるが、10月末からは東西線、11月からは千代田線、2018年度中に丸ノ内線の新型車両へ順次導入する。そのほかの路線も含め、2020年夏までに東京メトロ全路線全保有車両に導入する予定。ただし相互乗り入れする他社の車両についてはその限りではない。

なお東京都営地下鉄も、すでに車両へ無料Wi-Fiを導入しつつある。SSIDは「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」。浅草線の全27編成と、大江戸線55編成のうち15編成が対象。今後大江戸線で順次拡大し、4路線の全編成への導入を2020年3月までに完了する予定。