台風コロッケのイメージ

本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」では、10月21日より台風の進路に沿って順次「トップバリュ コロッケ」の販売を強化する。

背景には、台風の日にはコロッケを食べるというインターネット発の習慣「台風コロッケ」がある。実際にコロッケ需要の高まりにより、9月の台風18号上陸前にイオンの一部店舗では「トップバリュ コロッケ」が完売の事態になった。

そこで台風21号の接近に備え、十分に需要を満たせるよう売場で通常の5割増の「トップバリュ コロッケ」を揚げるとしている。

いくつかあるコロッケの中で、イオンがすすめるのはまず「トップバリュ ザクうまコロッケ」(税込105円)。全粒粉入りパン粉で時間が経ってもザクザクした食感が楽しめる。また「トップバリュ 焼きうまコロッケ」(同)は揚げないコロッケでカロリーが気になる人も台風の日にコロッケを堪能できる。

なおコロッケのおいしい食べ方も案内している。オーブントースターにアルミホイルを敷き、コロッケを置いた上にもアルミホイルをのせ、5~8分焦げないようようすを見ながら温めるのがよい。

コロッケ販売の強化は10月24日までを予定しており、台風の進路にあわせて店舗ごとに実施日が異なる。ただし台風の影響を受けない店舗においても一部便乗する場合はある。

台風の影響には十分気をつけ、しっかりと安全を確保したうえでコロッケを楽しみたい。