ホンダ、400ccロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」「CB400 SUPER BOL D'OR」

ホンダは「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR(スーパーボルドール)」の高回転域での出力やハンドリング性能を向上させ、10月20日に発売する。平成28年度排出ガス規制の法規対応も施されている。

ホンダ、400ccロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」「CB400 SUPER BOL D'OR」
ホンダ「CB400 SUPER FOUR」「CB400 SUPER BOL D'OR」のハンドリング性能などを向上
(画像は「CB400 SUPER FOUR <ABS>」の「パールサンビームホワイト」)

「CB400 SUPER FOUR」は水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載した400ccロードスポーツ。1992年4月に発売されたホンダのロングセラーモデルで、その後、ハーフカウルを装備した「CB400 SUPER BOL D'OR」がタイプ追加されている。

ホンダ「CB400 SUPER BOL D'OR」
ハーフカウルを装備した「CB400 SUPER BOL D'OR <ABS>」
(画像は「グラファイトブラック」)

今回発売されるCB400シリーズでは、主に次が変更された。

・スロットルボディーと排気系の刷新により、最高出力を従来モデル比で+2kwの41kwに向上
・直列4気筒らしい伸び感のある排気音を実現した小型2室構造マフラー
・軽快なハンドリング性能をさらに熟成させた前後サスペンション
・CB400 SUPER FOURには丸形LEDヘッドライトを採用
・CB400 SUPER BOL D'ORでは全タイプでABSを標準装備
・前後ホイールに空気圧調整時の利便性に配慮したL字型エアバルブを採用
・左シートカウル下にプッシュタイプのヘルメットホルダーを採用

カラーバリエーションは「CB400 SUPER FOUR」「CB400 SUPER FOUR<ABS>」「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>」「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>E Package」のすべてに、「グリントウェーブブルーメタリック」「グラファイトブラック」「パールサンビームホワイト」の3色が設定された。

ホンダ「CB400 SUPER BOL D'OR」
「グリントウェーブブルーメタリック」
(画像は「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>」)

メーカー希望小売価格は、「CB400 SUPER FOUR」の「ブルー」と「ブラック」が81万5,400円で、「ホワイト」が84万7,800円。「CB400 SUPER FOUR〈ABS〉」の「ブルー」と「ブラック」が86万6,160円で、「ホワイト」が89万8,560円。「CB400 SUPER BOL D'OR〈ABS〉」の「ブルー」「ブラック」が94万7,160円で、「ホワイト」が97万9,560円。「CB400 SUPER BOL D'OR〈ABS〉E Package」の「ブルー」と「ブラック」が101万5,200円で、「ホワイト」が104万7,600円(価格はいずれも消費税込み)。