ウェザーニューズは「オリオン座流星群」が出現ピークを迎える10月21日の天気傾向を発表した。台風21号と秋雨前線の影響により、国内での観測は西・東日本を中心に厳しい条件になるとしている。

■10月21日の天気は? 

21日夜~22日明け方は台風21号が北上し、本州の南海上に停滞する秋雨前線の活動が活発になる。このため、西・東日本は雲が広がり、厳しい気象条件となる。東北もスッキリ晴天とはならず、流星観測は雲の隙間を狙うことになりそう。遅い時間ほど前線の雲が拡大するため、天気的には早めの時間帯の方がチャンスがある。北海道は西から接近する前線の影響で日本海側ほど雲が広がり、沖縄・奄美は台風の影響で厚い雲に覆われそう。

「オリオン座流星群」が出現ピークを迎える10月21日の天気予想(出典:ウェザーニューズ)

見えるエリアについては、台風の進路などにより今後変化する可能性がある。最新の情報については、ウェザーニューズの特設サイト「オリオン座流星群」で確認されたい。 

■オリオン座流星群とは?

オリオン座流星群の母彗星はハレー彗星。オリオン座のすこし左が放射点となる。全流星群の中では速度が2番目に早く、明るい流星が多く見られるのが特徴。

「オリオン座流星群」、10月21日観測ピーク!

今年の出現ピークは21日20時頃で、21日夜から22日明け方が観測に最も適した時間となる。

■「SOLiVE24」で生中継

ウェザーニューズは「オリオン座流星群」を21日21時から23時まで、ハワイ島から生中継する。21日夜~22日明け方はハワイ島では雲が多いが、流星を見られるチャンスはありそうとのこと。

解説者としてアストロアーツに所属する星空解説の専門家“星のソムリエ”をスタジオに迎え、美しい星空と流星を堪能する“リアルタイムプラネタリウム”を届ける。番組は、ウェザーニュースのWebサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトで視聴できる。