二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」

ZTE USAは、二つ折りできる2画面(デュアルスクリーン)スマートフォン「Axon M」を発表した。米国のほか、欧州、中国、そして日本でも販売するとしている。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
ZTE USA、2画面スマートフォン「Axon M」を発表

オフィスなどでPCを利用する場合、モニターを2台使ってデュアルスクリーンにしている人も多い。左の画面で資料を開き、右の画面でオフィスソフトを開いて文書を作成する、といった使い方をすることで、業務の効率を高められるためだ。

「Axon M」は、そのようなデュアルスクリーンをスマートフォンの世界に持ち込むAndroid搭載端末。「Dual Mode(デュアルモード)」「Extended Mode(拡張モード)」「Mirror Mode(ミラーモード)」「Traditional Mode(通常モード)」が用意されている。

「Dual Mode」は、スマートフォンのCPUパワーを最大限に活用するモード。片方の画面でスポーツの試合を見つつ、もう一つの画面でピザを注文する、といった使い方ができる。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
「Dual Mode」では、左右のスクリーンで異なるアプリを利用できる

「Extended Mode」は、開いた際に6.75インチサイズになる広いスクリーンを活用するモード。大画面で映画やゲームを楽しめる。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
「Extended Mode」を使えば、広い画面でゲームを楽しめる

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
地図の表示にも便利かも?

「Mirror Mode」では、Lenovo YOGAシリーズの「テントモード」のように山折りにし、両画面に同じコンテンツを表示できる。これはちょっとしたプレゼンなどでも有効かもしれない。また、友だちと向かい合って座り、同じ動画を視聴する際にも便利だろう。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
「Mirror Mode」では、同じコンテンツを両面に表示できる

「Traditional Mode」は、折り畳んで一般的なスマートフォン同様に利用するモード。片手で操作する際に便利だ。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
電車などでは、このモード?

サイズは高さ約15x幅約7.2x厚さ約1.2センチで、重さは約230グラム。5.2インチのフルHDスクリーンを2つ装備している。搭載しているOSはAndroid 7.1.2。カメラは20メガピクセル。バッテリーは3,180mAhで急速充電に対応している。

二つ折りにできる2画面スマホ、ZTEの「Axon M」
厚さはそれなり