ゴムボディーのクルマ「Flesby II」

豊田合成は東京モーターショー2017に、柔らかいボディーを持つクルマ「Flesby II(フレスビー II)」を出展する。同社が2015年の東京モーターショーに参考出品したエアバッグカー「Flesby」をさらに進化させたデザインコンセプトモデル。

ゴムボディーのクルマ「Flesby」
参考画像:2015年に参考出品されたエアバッグカー「Flesby」

Flesbyは、歩行者と衝突した際の衝撃をボディーが膨らむことで緩和する安全機能を持つクルマ。エアバッグメーカーならではのアイディアが搭載された、2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデルだった。

今回出品される「Flesby II」は、エクステリアコンセプトとインテリアコンセプトに分かれており、このうちエクステリアコンセプトはFlesby同様、歩行者との接触が発生した際に柔らかいボディーが衝撃を緩和する安全機能を持っている。ボディーを変形させるために、電気の力で動く次世代ゴム「e-Rubber」の応用が想定されている。また、LEDの光で周りのドライバーや歩行者などとコミュニケーションする機能なども搭載される。

ゴムボディーのクルマ「Flesby II」
ボディーを変形させるために、電気の力で動く次世代ゴム「e-Rubber」の応用を想定

インテリアコンセプトでは、乗員を包み込む柔らかな質感を持つ素材のほか、LEDによる癒しの空間の創出や、クルマと乗員が意思疎通できるコミュニケーション機能を実際に乗り込んで体感できるという。

ゴムボディーのクルマ「Flesby II」