お風呂で、コミックを読む―防水タイプの「Kindle Oasis」

AmazonはKindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表した。Kindle電子書籍リーダー初の防水機能(IPX8等級)を備えている。

お風呂で、コミックを読む―防水タイプの「Kindle Oasis」
防水機能を装備した「Kindle Oasis」

“お風呂で本を読みたい”という日本のユーザーの特性を意識したモデル。従来のKindle電子書籍リーダーであれば必要だった“防水ケースに入れてから、お風呂に持ち込む”というひと手間を無くしてくれる。

お風呂で、コミックを読む―防水タイプの「Kindle Oasis」
「Kindle Oasis」をつかんで、そのまま湯舟に

本よりもデータ容量が要求されるコミック愛好者の要求にも応える32GB版を用意。数十巻にも及ぶことがあるコミックシリーズをある程度まとめて本体内部に収録し、湯船に浸かりながらの一気読みができるようになった。ディスプレイサイズは7インチと従来モデルよりも1インチアップ。これも、コミック好きな人にはうれしいプラスとなるだろう。

価格は8GBモデルが3万3,980円で、32GBモデルが3万6,980円。32GBの3G付きモデルは4万4,980円(いずれも消費税込)。すでに予約受付が開始されており、出荷開始は10月末に予定されている。

専用カバーも用意された。水に強いファブリック素材のカバーは、「インディゴ」「サンドストーン」「チャコール」の3色で各5,280円、レザー製は「ミッドナイト」「メルロー」「サドルタン」の3色で各7,180円(いずれも消費税込)。

お風呂で、コミックを読む―防水タイプの「Kindle Oasis」
水に強いカバーはうれしい!

書籍ではなく、リーダーに3万円以上支払うのはちょっと…と思う人も多いだろう。だが紙の本やコミックを風呂場に持ち込み、うっかり湯舟に落として台無しにしてしまうことや、「濡らさないように」とそっとページをめくるストレスがなくなることを考えると、この値段はありかもしれない。

お風呂で、コミックを読む―防水タイプの「Kindle Oasis」
手が滑って、湯船に落ちても大丈夫