焼酎ハイボールのイメージ

宝酒造(タカラ)の「焼酎ハイボール」に「濃いめ<レモン>」と「濃いめ<サイダー割り>」350ml缶が登場する。10月16日から全国のセブン&アイグループの酒類取扱い店舗限定で販売する。

焼酎ハイボールは、チューハイ(酎ハイ)の語源にもなったと言われる昭和20年代後半の東京下町の大衆酒場で飲まれていた同名の酒をベースに、タカラ独自の技術を駆使した辛口チューハイで、炭酸が強く爽快感が味わえる。プリン体ゼロ(厳密には0.5mg未満)、甘味料ゼロといった点も特徴も打ち出している。

今回は1本で満足できるアルコール度数9%の「濃いめ」シリーズに、レモン、サイダー割りのフレーバーで350ml缶が出る。希望小売価格はどちらも128円(税別)。