MRヘッドセットのイメージ

現実と仮想空間を重ねて体験できる複合現実(MR)を体験できるヘッドセット「AH101」を10月17日に日本エイサーが発売する。

「Acer Windows Mixed Reality」というブランドの製品。別途用意したWindows 10搭載PCと、HDMIやUSBケーブルで接続すればすぐに動作するプラグアンドプレイ仕様だ。部屋の工事や複雑な設定が不要で、視界も広い。カメラで外界をとらえ、仮想空間の映像と重ねられる。

前後、左右、上下の移動、傾き、回転という体と頭の細かい動きにをヘッドセットが読み取って、それに合わせて視点を変えたり、仮想空間内を移動したり、付属のモーションコントローラーを動かして、仮想空間にあるものに「触れる」ことも可能。

MRヘッドセットのイメージ

内側に2つの2.89型液晶ディスプレイを内蔵し、これらが両目をおおうかたちで、2,880×1,440ドットの高解像度映像を最大90Hzのリフレッシュレートで表示する。人間の目と目とのあいだの距離は個人差があるが、微調整して見やすくできる。またメガネをかけている状態でも違和感なく装着できる。

MRヘッドセットのイメージ

本体側面には3.5mmオーディオジャックを装備していて、気に入ったヘッドフォンを接続すれば臨場感あふれる音響も楽しめる。

ヘッドセットのバンドはダブルパッド付きで、頭にフィットしやすい。ダイヤルを回すだけでホールド感の調節も行え、重さは440gと軽量。仮想空間に没入するのを中断する際はバイザー部分をサッと上げるだけでよく、いちいちヘッドセットを外さなくても済む。

直販価格は5万9,184円(税込)。なお、ヘッドセットとつながるPCの中身はWindows 10の最新版「Windows 10 Fall Creators Update」にする必要があり、これは10月17日以降に利用できる。