Amazon Prime Readingのイメージ

Amazon.co.jpの有料会員サービス「Amazonプライム」の新たな特典として、電子書籍などが読み放題になる「Prime Reading(プライムリーディング)」が始まった。

Amazonプライムは年会費3,900円(税込、以下同じ)または月会費400円で加入でき、通販の商品がいち早く受け取れる「お急ぎ便」などを追加料金なしで使えるほか、映画・ドラマなどが見放題の「Prime Video(プライム・ビデオ)」、音楽聴き放題「Prime Music(プライム・ミュージック)」なども自由に利用できる。

新たなPrime Readingは、Amazon.co.jpの電子書店「Kindle Store」にある書籍、漫画、雑誌の一部を追加料金なしで、好きなときに楽しめる。

まずは「陰日向に咲く」「学校では教えてくれない大切なこと」「カーネギー話し方入門」などのKindle Storeでのベストセラー書籍、「あなたのことはそれほど」「つぐもも」「ウロボロス」などの人気漫画や、「東京カレンダー」「Ray」「DIME」などの人気雑誌、合計で数百冊が対象で、随時入れ替わる。

Prime Reading独自の短編作品「Kindle Singles」では、人気作家による短編小説、ノンフィクション作品などを楽しめる。

使い方はKindleの専用アプリケーションを手持ちのiPhone、iPad、Androidスマートフォン、タブレット、WindowsノートPCなどに入れるか、Kindleの電子書籍リーダーを持っていればそちらを使える。

なお、Amazon.co.jpにはすでに、Prime Readingとは別に電子書籍が読み放題になる「Kindle Unlimited」もある。こちらはAmazonプライムへの入会は不要だが、月額980円がかかる。12万冊以上の日本語の書籍や漫画が対象、Prime Readingよりも多くの作品を読みたいという人向けに勧めている。