松屋の秋メニューのイメージ

牛丼チェーンの「松屋」は秋の定番メニュー「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を10月10日に発売する。

ナスと豚肉をうま辛いミソダレでからめ炒める。ご飯との相性がよい一品。化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使わないのも特徴。

ご飯のほかミソ汁と生野菜付き。生野菜は追加料金40円でポテトサラダに変更できる。

また発売を記念して「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を注文すると、発売開始日から1週間ライス大盛が無料になる。

豚と茄子の辛味噌炒め定食の価格は590円(税込、以下同じ)、肉が2倍でライスの大盛または特盛が無料の「豚と茄子の辛味噌炒めW(ダブル)定食」が890円。いずれも持ち帰りができるが、その場合みそ汁は付かず、別途60円で購入する必要がある。