丸の内タニタ食堂

タニタのレストラン「丸の内タニタ食堂」は11月下旬にリニューアルオープンする。新メニュー「タニタの洋食ごはん」とともに、ディナータイムの営業を始める。

新メニューは、ハンバーグやカツレツ、グラタン、エビフライなど一般に人気の洋食10種類。ランチタイムはその中から3種類を、ディナータイム(18時~21時ラストオーダー)は全種類を注文できる。

カロリーや塩分が高くなりがちな献立にタニタ食堂らしいアレンジを加え、しっかりした味付けやボリューム感を損なわず健康的に仕上げる。メインディッシュ、サイドディッシュ、スープ、ごはんのセットで150g以上の野菜を使い、1食あたりのカロリーを800kcal以下と一般的な洋食メニューと比べ2~3割カットするほか、塩分も4g以下に抑える。

また大手町、丸の内、有楽町にある企業を主な対象として、社員の健康管理サービス「タニタチャレンジ」も実施する。対象となる社員に1カ月間丸の内タニタ食堂を利用してもらい、体重と体脂肪率の適正化をめざす。参加する社員が多数の場合は、事前にタニタの管理栄養士が健康づくりのノウハウを指導する健康セミナーを実施し、より効果を高めることも可能。

今後は社員が丸の内タニタ食堂を訪れるのが難しいという会社を対象に、タニタ食堂メニューをケータリング弁当にして配達をする計画もある。

ランチメニュー、ディナーメニュー、ケータリング弁当を合わせて1日あたり合計500食を販売する計画だ。