蛍光灯照明のイメージ
パナソニックは、蛍光灯照明の生産を全分野で終了する

パナソニックは、蛍光灯を使った照明器具の生産を2019年3月末に終了する。一方でLED照明の普及を促進する。

日本政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」や、日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づく決定。

蛍光灯のイメージ
半世紀以上前に出た初期の蛍光灯照明

パナソニックは、1952年にプル式蛍光灯照明の生産を始め、半世紀以上にわたって家庭やオフィス向けに販売してきた。しかし近年は非住宅向けの照明として2010年に直管LEDランプ搭載ベースライトを投入。2012年に一体型LEDベースライトを発売するなど、LEDを強化してきた。

パナソニックのLED照明
パナソニックが現在主力に据えるLED照明

今後の蛍光灯の生産終了スケジュールは次の通り。まず2018年4月末に黒板灯など用途別照明の一部、階段通路誘導灯を含む非常用照明の一部、非常用ダウンライトの約70品番を、続いて2019年3月末に、富士型、笠付、笠なし、埋込型や防湿型、防雨型照明器具、非常用照明器具の約120品番をやめる。すでに住宅向けの製造は打ち切っているため、これによりすべての分野における蛍光灯照明の生産が終了する。なおメンテナンス用の蛍光ランプは継続生産する。

蛍光ランプを多く使っている施設市場向けについては、さまざまな施設や用途に対応ができる一体型LEDベースライト「iDシリーズ」を中心とした高効率LED照明の普及をうながす。