ポケモンのイメージ

鳥取県では日本最大級の砂丘である鳥取砂丘の雄大な自然を体感してもらうため、人気拡張現実(AR)ゲーム「ポケモン GO」のイベントを開催する。11月24~26日の期間、砂丘に、ゲームのキャラクターである「バリヤード」や「アンノーン」などが出現する。

鳥取砂丘ではルールを守って安全にゲームを楽しめるよう2016年に「鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言」を宣言している。もともと、ポケモンGOを開発したNianticが出している別のARゲーム「Ingress」を楽しく遊べる開けた場所として有名で、その流れからポケモンGOでも重要な拠点である「ポケストップ」が数多く設置してあり、ゲーム目的で訪れる人は少なくなかった。ちまたの人気を自治体がうまく受け入れた取り組みだ。

今回はイベントだけでなく、鳥取県・鳥取砂丘ならではの様々なもてなしを準備している。詳細については、鳥取県の特設サイト「とっとりGO」に掲載していく予定。