ホンダ、AI搭載スポーツカー「Honda Sports EV Concept」
世界初公開される「Honda Sports EV Concept」

ホンダは東京モーターショー2017で、「Honda Sports EV Concept(ホンダ・スポーツ・イーブイ・コンセプト)」を世界初公開。また、「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」や、新型「CR-V(シーアールブイ)」を日本初公開する。

世界初公開となる「Honda Sports EV Concept」は、コンパクトなボディーに、EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ、人とクルマがひとつになったような運転感覚を体験できるモデルを目指して開発されたもの。「Honda Urban EV Concept」とプラットフォームを共有しながら、多彩なライフスタイルに溶け込みやすい、次世代のスポーツカーを目指した。

日本初公開となる「Honda Urban EV Concept」は、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すモデル。初代CIVICを想起させるエクステリアと、パーソナルコンシェルジュ機能が特徴。

Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)
日本初公開となる「Honda Urban EV Concept」

onda Urban EV Concept
コンシェルジュ機能を搭載

同じく日本初公開となる新型「CR-V」は、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車と4WD車をラインナップ。また、ガソリン仕様車には新たに3列目シートを設定した。

ガソリン仕様車に新たに3列目シートを設定した新型「CR-V」
日本初公開となる新型「CR-V」

二輪車では、「Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー)」を公開。ロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、極低速走行時にマシン自体がバランスを保ってライダーの負荷を軽減する。

Honda Riding Assist-e
ロボット技術を2輪車に応用したHonda Riding Assist-e

その他、約60年にわたるカブの歴史、現在、未来を伝えるカブワールドを展開。スーパーカブ C100(1958年)などが展示される予定。