君の名は。のイメージ
(出典:「君の名は。」公式サイト)

新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」のハリウッド映画化が話題となっている。東宝が実写映画化権を米パラマウント・ピクチャーズとバッド・ロボットに許諾し、両社とともに開発を進めていると発表した。

ハリウッド版実写映画のプロデュースを担当するのは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などを手掛けたJJエイブラムスとリンジー・ウェバーの両氏。脚本は「メッセージ」で2017年アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラー氏。またアニメ版映画のプロデューサー・川村元気がプロデューサーとして開発に参加する。

日本配給は東宝が担当する。東宝は原作・脚本・監督を手掛けた新海誠氏のコメントも次の通り紹介している。

「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」